« 第86回新囲碁でボケろ!!講評 | Main | 第87回新囲碁でボケろ!! »

第86回新囲碁でボケろ!!各賞発表

第86回 新囲碁でボケろ!!

Igobokekun_2

お題

予想外で負けた時の『おしゃれな言い訳』を考えてください。


スーパー囲碁ボケ君獲得(最優秀作品)

Superigobokekun
MVP

crown新米刑事さん

「僕ちゃん、定石を猛勉強して2目弱くなっちゃったみたい」

crownhexagobanさん

「たまけました」


囲碁ボケ君獲得作(優秀作)

Igobokekun

asutoronさん

「戦略、資源、組織特性、成果の一貫性を通じて、それぞれの戦略原型を強化したという点では、徹底した組織学習を行なったといえるだろう。しかしながら、組織学習には、組織の行為と成果との間にギャップがあった場合には、既存の知識を疑い、新たな知識を獲得する側面があることを忘れてはならない。」

Igobokekun

nipparatさん

「対局中、突然妻が私の陳を・・」

pg特別賞

kyonchnさん

「間違うのが人間というものさ。たとえばタイプミスのお詫び投稿のまたすぐにまたタイプミスをしてしまうかものはし☆のように。」

かものはし☆さん

「ミスこそ、わが命、 違った、隅こそ、わが命だったのに。」

今回のpg賞はこの女囲碁ボケラーのコンビ芸に!

タイゼム賞

GO!さん

「これでいいのだ」


  ★総評★

今回は誰しもが持つ『言い訳』への罪悪感を、どれだけ囲碁ボケの笑い要素で吹き飛ばすかがキーポイントでした。
つまり、インパクト重視。普段pgが好んで選ぶ「ひねった笑い」や「うまい地口あわせ笑い」ではなく、これぞ!の一発芸を高く評価しました。

秀逸の囲碁ボケの中で混戦のMVP争いを勝ち抜いたのが新米刑事さんの「僕ちゃん~」でした。よくある「定石を覚えて二目弱くなり」をうまく使ったボケですが、やはりなんといっても最初の「僕ちゃん」のインパクトが他を凌駕したと感じました。

hexagobanさんの「たまけました」は非常に怪しい、不気味なボケ。
下手するとなにがどうボケなのか、板子一枚下は地獄というような危ういはかなさを持ったボケに思えました。
「負けました」と言う気になれないので「た」をつけたという言い訳への発想の凄さは、ちょっと凡人にはでてこないと思います。

優秀作品asutoronさんの「戦略~」はみての通り、読めば読むほど訳が分からないという煙に巻いたボケの中でも最高のパワーがありました。これまた非常に高度なボケといえましょう。
nipparatさんの「陳~」については、MVPかどうか迷ったのですが、優秀作にとどめておきました。
それまでの一連の破天荒ボケの中に埋もれて、下ネタボケをぶつけてきたわけですが、今までことごとくpg選の囲碁ボケでは下ネタが嫌われてきたことへの挑戦ともとれるような、はたまた己の道をひた走る孤高のバシリスクのような気合いがほとばしっていて、もはや無視する事が出来ませんでした。
実際の中国の陳九段と対局で、序盤からイイトコナシだったらしく、その鬱憤も含めていたのなら、堂々たる投稿に「天晴れ大物!!」と讃えたいと思います。

pg特別賞のお二方の囲碁ボケキャッチボールは、なんともいえず間がよくて、心に残りました。
ボケ自体も高度ですし、二人の「表面ではにこにこしてるけど、裏に回ったら、背中をつねりあってる」みたいな緊迫感もビシビシ伝わってきましたし。

最後にタイゼム賞ですが、今まではMVPに差し上げていましたが、今回はGO!さんの「これでいいのだ」に。
たった一言、最後にこれを書き込んだGO!さんの偉大さに心を打たれました。

さて、ボケラーのみなさん、とてもレベルの高いボケを寄せていただいて、ありがとうございました。選考がとても難航し、どれをとればいいのかパニックになってしまいました。
また、次回も楽しいボケをたくさんかましてくださいね。
宜しくお願いします。

|

« 第86回新囲碁でボケろ!!講評 | Main | 第87回新囲碁でボケろ!! »

01新囲碁でボケろ!!」カテゴリの記事

Comments

今回のお題は、最初は探りあい、とっかかりがなくむずかしかったと思います。私としては「反目記念日」と、「細かくポイントを稼いでくる『IGO』」を出せてささやかな達成感を得、あとは流す(?)という感じでしたので、この結果には「たまげました」。講評お疲れ様でした。
おっと、あとですね、「自分色の星」というのは、金を取れなかった選手の「自分色のメダルです」という言葉です(笑)。

Posted by: hexagoban | September 03, 2008 at 10:24 PM

hexagobanさん

おめでとうございます。
「たまけました」は、はじめなんのこっちゃい?ミスタイプなのか?と思いましたが、あとからじわじわ面白さが伝わってきました。
やはり「たまげました」との掛詞だったんですね。

「IGO~」はうまくいったものだなーと感心したのですが、総評にも書いたように今回は一発ギャグをメインに考えたので、選外になってしまって申し訳ないです。
「自分色のメダル」ですか・・・
あんまりオリンピックを真面目にみてなかったので、ついていけない私(滝汗)

Posted by: pg | September 03, 2008 at 11:10 PM

pg特別賞、ありがとうございました!

kyonchnさんとのコンビ芸での授賞、
ペア碁での下手の気分です。

なんか、楽しかったですよ。
本当は、こちらからも、
技をかけたかったです。
確実にかかる技が、思いつかなかったあ。


Posted by: かものはし☆ | September 04, 2008 at 12:13 AM

タイゼム賞ありがとうございます。
囲碁ボケは現在、私の癒しです。

「これでいいのだ」
はタイミングを狙っていました、はい。
ただ当日は投稿できるか微妙だったので、帰宅するなりパソコンを立ち上げ、投稿というドラマがありました。

えっと、タイゼム賞は溜める方でお願いします。>nipparatさん

Posted by: GO! | September 04, 2008 at 05:40 AM

あ、そうそう。
「懐に~」
はエッチな方向に持っていこうかと思ったのですが、pgさんなのでボカしたことを告白しておきます(汗)。

Posted by: GO! | September 04, 2008 at 05:41 AM

MVPありがとうございます。
講評お疲れ様でした。

ネタ自体は普通すぎてボケになっているかすら不安でしたが、まさか「僕ちゃん」に救われるとはラッキーの一言です。

Posted by: 新米刑事 | September 04, 2008 at 08:16 AM

かものはし☆さん

pg賞は、囲碁ボケの完成度ももちろんのことですが、別要素(今回のように掛け合いの妙とかも)の比重が高いのです。
なので、個人的に大好きというか、私のベクトルにびびびと反応している作品に差し上げております。

今回のコンビ芸は、柳原可奈子とエド・はるみの絡みまで髣髴とさせる凄レベルだったと思います!

Posted by: pg | September 04, 2008 at 10:27 AM

GO!さん

「これでいいのだ」はもう、〆の言葉としては強烈で今まで見ていたボケはどこいっちゃったんだろう???と思うくらい、印象深かったのですよ。

ただ、いかんせん囲碁ボケとして成立してるのか?という部分がネックになってMVPには届かなかったです。

「懐に~」は、下ネタだったんですか?
確かにちょっとためらいというか、気恥かしさが中途半端ボケになってしまったかもしれませんね。
はじけるときは、天まではじける!くらいのほうが、今回のnipparat総裁のボケのように評価される場合もあります。しかし、もろ刃の剣なので虎の穴行きになる場合もありますから・・・難しい選択です。

貯金バージョンですね。
総裁よろしくお願いします(ぺこり)。

Posted by: pg | September 04, 2008 at 10:32 AM

新米刑事さん

今回の秀逸ボケのなかで、さまざまな点からいって非常にこのお題にあっていたボケが「僕ちゃん~」だったと思いました。

手合い違いの相手に負けた時の言い訳として、何を持ってきたら相手に「ほんとは手合い違いなんだぜ、ベイビー」とわからせることができるのか?という真面目感と、負けた屈辱感と照れ感と、生意気感が絶妙ブレンドだったと思います。

これから碁会所などで、頻繁にこのボケが現れたら、勝った方は謙虚に受け止めて「今日はこのくらいにしといたるわgawk」と去ってもらいたいかも?

なんてね・・・coldsweats01

Posted by: pg | September 04, 2008 at 10:37 AM

pg賞おおきにありがとうございました。
「表面ではにこにこしてるけど、裏に回ったら、背中をつねりあってる」なんていけずなこといわはるなぁ〜そんなつもりはおへんかったんどすけど、たまたまつっこんだらかものはし☆さんが上手に返してくれはっただけどすのんぇ。ほんまにかものはし☆さんはボケが上手にならはりましたなぁ。

へぇ、ポイントは貯蓄の方向でお願いします。(嘘)

Posted by: kyonchn | September 04, 2008 at 04:36 PM

kyonchnさん

pg賞おめでとう!

京女はいけずと思われがちですが、全然そんなことないです。
かわいくて、芯があって、機転がきいて、笑いの受け答えができて、夫や恋人を立てて、三歩後ろを楚々と歩くような人たちばかりですよね。
私がその典型でっす(嘘)
わはははっはbleah

Posted by: pg | September 05, 2008 at 10:30 AM

・・・えっ・・・?

Posted by: kyonchn | September 06, 2008 at 02:34 PM

happy02えへへ

Posted by: pg | September 08, 2008 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 第86回新囲碁でボケろ!!講評 | Main | 第87回新囲碁でボケろ!! »